京の町家 歳時記 8月 大文字 置物【株式会社よしとよ】

京都で毎年 8月に開催される風物詩「大文字(だいもんじ)」。その大文字の様子を京都を代表する織物「西陣織(にしじんおり)」で描いたかわいいハンドメイドクラフトの置物をご紹介。

 

 

 

大文字デザインのハンドメイド置物「京の町家 歳時記  8月 祇園祭」


様々な京都のおみやげを販売している、京みやげ民芸小物のお店「よしとよ」が販売。

京の夜空を彩る大文字山の大文字の様子と、団扇、蚊取り線香(蚊取り豚)、石灯篭などが飾られた置物です。

お値段は3564円(税込)

楽天市場でお取り寄せするならこちらから。

楽天市場で「京の町家 歳時記 8月 大文字 置物」を買う

 

「京の町家 歳時記 8月 大文字 置物」の基本情報
価格 3564円(税込)
セット内容 置物
素材 ちりめん・レーヨン他
サイズ 直径約11.7cm、奥行約4cm
備考 ハンドメイドの為、サイズやお色、柄が表示と若干異なる場合がございます。
商品の色は、可能な限り実物に近い色を出そうとしておりますが、携帯やパソコン、スマホのモニター環境により若干異なって見える場合がございます。
発売元 株式会社よしとよ
京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901番地
京都駅ビル専門店街 ザ・キューブ B1F
商品の分類 京雑貨インテリア・置物株式会社よしとよ
お土産の予算の目安 予算3000円~3999円

 

 

京都お土産図の中の人のおすすめポイント

お盆の頃に毎年京都で行われる山焼きこと大文字。その大文字含む夏の情景をモチーフにした、季節感を感じるかわいいちりめん細工の置物です。また、置物全体のデザインは、京都の歴史ある古民家や和室で見かける「丸窓」を意識したデザインになっています。

ちなみに京都で見られる本物の大文字は、当日は東西に二つの山に作られます。東の方にあるのが「大文字」、西の方にあるのが「左大文字」とよばれており、一般的に大文字と言えば東の方にある大文字の事を指します。

置物をお土産として買って、玄関先に飾ったり、インテリアの一つとして棚の上や部屋の中に飾って季節を楽しんでみるのもアリです。

 

なお「京の町家 歳時記」シリーズでは、各月の京都のお祭りや風物詩をモチーフにした置物が全部で12種類(1年分)販売されています。どれもクオリティが高いハンドメイドの置物なので、全部集めてコンプリートするのもいいかもしれませんね。

また、このお土産を販売している「よしとよ」はオンラインショップの他にも、京都駅のすぐ近くにある、京都駅前地下街ポルタと、京都駅ビル専門店街 THE CUBEにお店を構えています。興味のある方は、実際に京都旅行に行った時に寄ってみるのもおすすめです。

 

よしとよの「京の町家 歳時記 8月 大文字 置物」。楽天市場でお取り寄せするならこちらから!

楽天市場で「京の町家 歳時記 8月 大文字 置物」を買う